大人の女性の恋愛情報メディア

コイラボ

男の本音

風俗は男にとっての夢の国

投稿日:

僕は風俗、中でもイメクラが大好きです。
大学の頃にネットでイメクラについて調べて、コース紹介用の動画を拝見したときから、イメクラはなんて素敵なところなんだ、と思い始めました。
実際に行ってみると、動画の内容とはちょっと違ったものの、その風俗店では十分に満足できるイメージプレイを楽しませていただきました。
それ以来、僕はイメクラの虜です。

イメクラの風俗に通い始めてから大体四年くらいは経ちましたが、今では止めることはできないくらいハマってしまいました。
ただ、社会人になってからは時間を作るのが難しくなり、会社の人との付き合いもあるので余計に風俗に行く機会が無くなってしまいました。
それが酷く悲しくて悲しくて堪りません。
風俗の、イメクラじゃないと味わえない、背徳感や優越感のようなあの感覚、僕はそれを味わいたいのです。
それを知ってしまってから、僕は虜になってしまったのですが、今では全然風俗を利用できなくて、本当に辛いです。

彼女には僕が風俗に通っていることは既に知られてしまっているのですが、そんなにいいものなのか、と聞かれたことがあります。
その時に僕はこう答えました。
風俗は、男の妄想がたっぷりつまっていて、女の子で言うところのメルヘンチックな世界に近い、空想的で、現実ではできないことをさせてもらえる、テーマパークみたいな所なのだと。
もちろん、彼女には本気でバカにされました。
ただ、言っていることは決して間違っていないと思います。

僕の場合はほぼイメクラしか知りませんから、イメクラに通っている人の気持ちしか分かりませんが、少なくとも、毎日の生活の中でふと考えてしまうようなエッチな妄想を、自分自身の体験として知ることのできる場所が風俗なのです。
というか、イメクラを利用せずにコースの内容を現実でやろうとしたら、警察に捕まってしまうようなことばかりです。
例えば、痴漢プレイであったり、ストーカープレイであったり、学生服の女性と、というのもありますね。

本当にバカらしいと思われるかもしれませんが、男はそう言う背徳感を伴う悪いことにあこがれる生き物なのです。
中学の頃にアウトローにあこがれて不良になっちゃう子がいるでしょう。
不良にならないような男の子でも、性を覚えたあたりからずっと、性的なアウトロー衝動に恋焦がれてしまうものなのです。
もちろん子供の時がピークになるはずですが、僕みたいな風俗通いは、その衝動を大人になってからもこじらせてしまった人なのです。

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

さくらの恋猫
  • この記事を書いた人

コイスル編集部

コイスル編集部

あなたにおすすめの記事♡

1

意外とできない人が多い「中イキ」ですが、誰でも出来るようになる方法を教えます♡簡単な4つのステップで具体的に説明するので、これを読んで中イキをマスターしてくださいね♪

2

クリとGスポットを同時に刺激して最高の快感を得る方法…知りたくないですか??この記事でご紹介するのは、そんな夢のような快感を実現できちゃう方法です♡あなた史上最高の気持ちよさを体験してください♪

3

ボルチオでのイキ方は開発できるってしってました?クリでもイケる。Gスポットでもイケる。でもボルチオを開発できない…!そんなあなたにボルチオでのイキ方をわかりやすく伝授します♡死ぬほど気持ちいいボルチオを開発してください♡

-男の本音
-, , , , , ,

Copyright© コイラボ , 2019 All Rights Reserved.