大人の女性の恋愛情報メディア

コイラボ

フェラチオ特集 SEX

フェラのコツを伝授!気持ちのいいフェラ、キホンの「き」

投稿日:

フェラにもコツがある

 

From:大塚りの

 

彼とセックスをするうえで、ほとんどの人が避けては通れない「フェラチオ」

あなたはフェラ、好きですか?

得意ですか?

 

「いつもしてはいるけど、あんまり自信がない……」

「彼が喜んでくれているかどうかわからない……」
初心者さんはもちろん、ずっとしていても案外そんなふうに思っている人は多いはず。

 

 

そこで今回は「フェラをするときに気をつけるべき最低限のコツ」を大公開!

難しいテクニックなんかなくたって、これさえ覚えておけば大丈夫。

そんな基本中の基本=最も大事なポイントを、お教えしちゃいますね!

 

1.歯だけは絶対NG!!!

 

まず、一番重要なことから。

決して、彼のモノに歯を立ててはいけません。

大事なことなので、もう一度言います。

 

絶対に、絶対に、彼のモノに歯を立ててはダメです。

これだけは厳守です。

 

なんなら、これひとつだけおさえれば、あとはほとんどオッケーみたいなものです。

たとえば乳首や唇など、自分がなめられたりキスされたりする場合。

「ソフトタッチもいいけれど、たまにはちょっとイタ気持ちいいくらいの刺激が欲しいな……」と思ったりしますよね。

 

だからついその感覚で、彼も気持ちいいだろうと緩急をつけるつもりで甘噛みのように歯を立ててみる。

あるいは、もともと口を大きく開くのが苦手でつい歯が当たってしまう。

 

それくらいたいしたことじゃないとこちらは思うかもしれませんが、実はそれは男性には耐えがたいこと。

どんなにビンビンに興奮していても一瞬でなえさせるくらい、「歯が当たる」のは彼にとって痛くてイヤなことなのです。

 

「ペニスとクリトリスは神経の数が同じ」などと言われています。

自分のクリトリスをかじられたら、あんな敏感な部分に歯が当たったら……。

そう考えれば、彼のモノに歯を立てるのがどれほど痛くてダメなことか、想像がつきますよね!

 

もしちょっと硬い感触を取り入れて変化をつけたいなら、歯を唇でおおった状態で刺激するのが良い方法です。

または、力を入れて硬くした舌先を使うのもいいでしょう。

ともかく「彼のモノに歯は立てない」、これだけは必ず守ってください。

どんなテクニックを磨くよりも「この子のフェラはいいな」と思ってもらえる、最重要ポイントです!

 

2.「モノ」以外のポイントを見つけよう

 

「フェラ=彼のモノをなめること」だと思っていませんか?

それはもちろんそうなのですが、実はそれだけでは充分とは言えません。

あなた自身そうだと思いますが、性感帯というのは性器以外の部分にもたくさんあるもの。

ならばあちこちの性感帯を組み合わせて同時に攻めたほうが、快感もずっと大きくなるのです。

 

「フェラだから」といって、ペニスだけにこだわることはありません。

あちこち触れたりなめたりして、彼の「いいポイント」を探しましょう。

そしてこれには実は、個人差がかなりあります。

 

まずは乳首やタマあたりは多くの男性にとってかなり有力な性感帯なので、ぜひ試してみてください。

乳首であれば、モノをなめつつ両手で両乳首をさわってあげるのがオススメ。

タマは意外と無視されがちですが、気持ちいいと感じる男性はすごく多いので、指先でさわさわしたり口に含んだりしてあげましょう。

 

内ももや背中や耳がイイ、なんて人もいるかもしれません。

これは本当に驚くくらい十人十色なので、彼の反応を見ながらポイントを特定していってくださいね。

(乳首だけでイッてしまう男性もいれば、ぴくりとも反応しない男性もいます、本当に)

 

それともちろんメインのサオへの愛撫を組み合わせれば、彼仕様にカスタマイズした最強のフェラのできあがり!

彼の「モノ」だけをなめるフェラでは、緩急や変化をつけるといってもそんなにバリエーションはありません。

他の部分へのタッチやキスも上手に使って、彼に心底「気持ちいい……」と思わせちゃいましょう!

一生懸命ポイントを探してくれるあなたに、彼の愛情も欲情もヒートアップすること間違いなしです♡

 

3.ツバはたっぷりと

 

自分がなめられたり触れられたりする場合を考えればわかると思いますが。

カッサカサに乾いた肌の感触よりも、湿ってぬるぬるしていたほうが気持ちいいですよね!

これは男性の場合も同じこと。

 

でも残念ながら、私たちが「濡れる」ほどには男性はぬるぬるした液体を分泌しません。

(「先走り」なんてものもありますが微量です)

ではどうすればいいかというと、唾液を使うんです。

 

「ツバなんて『濡れた』ときみたいにぬるぬるしてないサラサラの液体だから意味ないじゃん」

普段自分の口にある唾液の状態から考えて、そう考える人もいるかもしれませんね。

 

でも実際セックス中にたっぷりのツバを使ってみると、思ったよりもぬるぬるしていることがわかります!

一度、だまされたと思って「ちょっとやりすぎかも……?」っていうくらい大量にツバを出してみてください。

 

彼のモノを、分厚いツバの膜で全部コーティングしてしまうくらいの感覚です。

そうすると全部の動きが驚くほどスムーズになって、気持ちよさが格段にアップします!

(乳首や他の場所にふれる時も、指先をツバで湿らせてすべりを良くするとさらにGOOD)

 

また「音」というのも快感を増幅させる大切な要素のひとつ。

彼に触れられたりクンニされているときのことを思い出してください。

自分の股間から「ぴちゃ」「じゅる」などの湿り気のある音が聞こえると、恥ずかしいけどすごく気持ち良くなりませんか?

 

フェラの場合も同じで、ツバでじゅうぶんに濡れたモノがたてる水っぽい音で、彼の反応はさらに良くなります。

ぜひできる限りたくさんツバを出して、彼の快感をうんと高めちゃってくださいね!

※どうしても抵抗があるという人は、最初はお風呂でするのがオススメです。

汚いと感じる前に洗い流せるので、まずはそれで慣れてみてからベッドでトライ!

 

 

いかがでしたか?

これであなたも「しなきゃいけない気がしてなんとなく」ではなく「本当に彼が悦ぶフェラ」ができるようになります!

どうせするなら、彼がうんと気持ちよくなっている姿を見たいですよね。

そうなれば彼もはりきって、今度はあなたに今まで以上にいろんなことをしてくれるかも……!?

 

そんなふうにお互いが相手を想いあってどんどんセックスで気持ちよくなれたら、ふたりの仲もますます深まります。

あなたが彼と最高のおつきあいができるよう、私もこうしたコラムを通じて応援していますね☆

 

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

媚薬、試してみない?飲むだけでアソコがキュン!な魔法のおくすり♡

付き合う人がいつも初エッチのとき勃たない。その理由は?

真夏のSEXも怖くない!24時間汗のニオイがしない秘密

リアルなエッチ中のあえぎ声を大調査!!

エッチ中、カレの頭はこの3つでいっぱい!?

[su_row]
[su_box box_color="#ff7397" title="【PR】彼ともっとラブラブになりたいなら♡"]

ニオイ・黒ずみゼロのデリケートゾーンで、ビキニもプールもエッチも自信満々になれちゃいます♡

[/su_box]
[/su_row]

  • この記事を書いた人
大塚りの

koisuru20karada

一見真面目優等生OLだが、実は、後先考えずに飛び込んでしまう体当たり系女子。 いろんな失敗や痛い経験をこえて得た教訓は「人生に無駄なことは、何ひとつない」。 そんな経験+趣味の読書や映画鑑賞から、恋愛や人生に対し、豊富な視点を持っている。 今がツライと感じている人へ、元気になるヒントとエールを送りたい!!

あなたにおすすめの記事♡

1

From:木下実央   さて今日は、意外とできない人が多い「中イキ」できる方法について! 最近、コイラボにも「中イキできない!涙」「中イキする方法教えて!」という相談がとっても多くて、みんな ...

-フェラチオ特集, SEX
-, , ,

Copyright© コイラボ , 2019 All Rights Reserved.